スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料なのに その10 ヴェスタリアサーガ 感想 11章から20章まで

残り11章から20章までの感想です。




続きを読む

スポンサーサイト

無料なのに その10 ヴェスタリアサーガ 感想 序章から10章まで 

おいおい前回ブログ書いたの去年かよ……と愕然としました。その間に引っ越ししてまた元の場所に戻ってきたりしてばたばたと忙しくちょっと落ち着いたかなと思ったら夏休み始まってあわあわしてたらようやく二学期入って余裕が出てきましたっていう現状です。ツイッターやってるとちょっとした感想は少しつぶやくだけで満足してしまうのが問題だと思うんだ。4~5回ほどつぶやくだけでスッキリしてしまうのおおおおおおお。逆に言うとしばらくガッツリ書きたいって思うものに出会わなかったと言い換えることもできるしここにきたってことはそういうものに出会ってしまったということなのですが、そう!出会ってしまいました。

ここ2か月くらいヴェスタリアサーガというフリーゲームにしばらくどっぷりはまり込んでいました。
↓公式サイト

FEのような昔ながらのSRPGです。
とある事情から帝国と戦うことになってしまったメレダ王国。この戦争は圧倒的にメレダの劣勢な上、王と王子達は戦死してしまった。その為最後の生き残りである王女アトルを兄から託され逃げることになったメレダ属邦レデッサ公国公子のゼイドが主人公。彼が逃げ落ちた先々でメレダに戻る為に様々な戦いに身を投じながら仲間を増やしアトル王女と共にメレダまで戻り帝国の支配から解放するまでがほんとに大まかなあらすじ。

このゲームをプレイするきっかけはFE聖戦の最愛カプであるアサフィー熱が突然再燃して萌えを満たそうとピクシブを巡っていたときにこのゲームを一緒に語っていた方がいて存在を知りました。FEの生みの親でもあり聖戦やティアリングサーガを作られた加賀さんが引退されて同人フリーで出したゲームってだけで一も二もなく飛びついてしまいました。
ドラクエまで残り1か月切っていたというのに。ああああああ…。しかも2部構成だなんて知らなくて6章くらいまで進めて「えーーこれで完結しないの?絶対続き気になりすぎて苦しいやつううううううう辛いいいいいいい」と思いつつ途中でやめるなんて出来ないとこまでずぶずぶにハマってましたので先に進むしかありませんでした。確かにⅠって書いてあったんだけどあんま深く考えなかったの本当にバカでした。
でもこのあいだ外伝の制作発表があって外伝である程度の決着は付けてもらえそう?っぽいので春までいい子に情報を待ってますしずっとずっとずっとずっとずっと応援してますお願いします何年かかっても続編お待ちしてますんでほんっとーによろしくお願いします。それまであたし絶対死ねない。

加賀さん制作のゲームに悉く堕とされてきた私はきっと彼のゲームとの相性がいいんだろうな。とにかく世界観が練りこまれているんですよね。はじめはその世界観を理解するのが大変です。章初めの国家間の関係性などの説明や登場人物達の会話などで世界の情報が一気に説明されるのでそれを整理するのが大変ですし(まず国名と人名覚えるところから)初見はハテナマークが飛び交って理解するの時間かかるんだけど(自分だけ?)理解した後はその作りこまれた世界にどっぷりと嵌ることうけあいです。
人間関係のドラマと戦争がうまく絡み合って理不尽で容赦ない展開が続くのだけどそれがいいと思うのです。救えなかった人・報われない思い・味方に出来ない非常に魅力的な敵、善悪割り切れない思い、理不尽な展開、があることがグッと胸にくるというか。満足出来なかった思いというのはいつまでも心に残るし納得出来なかったり受け入れられなかったりで嫌な思いはするけどいつまでも忘れることは出来ない。そういう作品があってもいいと思う。
もちろんハッピーエンド万歳を否定するものでもないんだけど色んな種類の選択肢があってもいいのでは?っていう。こういう物語のゲームは中々今の時代受けが悪そうで売れなそうだしでマゾゲームなところも批判されることが多いような感じがして。何ていうのか年々選択肢が狭められてる気がしてね、選択肢をくれよォっていう。何か最近のゲームはなっとらん~と文句を言う老害みたいで嫌ーーってかでもその通りではあるんだけど。こういうこと言うようになるとあたし年取ったな……と実感する。
理不尽なのは物語だけじゃなくゲームシステムも当然理不尽なマゾゲーになってます。特に終盤16章から20章にかけての鬼畜さはちょっと頭おかしいと思う(すごい褒めてる)20章はかなりレベル上げてある程度ステータスも吟味しないとクリア難しい気がする。唯一の救いは5ターンごとにセーブできること。何だそんなこと?と思うけどこれほんっとーに助かった。これなかったら絶対絶対クリア無理。
あとゲームのシステム自体で人間関係やキャラの気持ちなどを推測出来るような作りになっていて(支援関係やアイテムの説明など)直接的な言葉はなくても妄想を掻き立てられる感じ、大好きです。会話をしてる際の背景もとても美しくてその時の会話を上手く盛り上げてくれる1つの要素でもあるなと感じました。特に夜の背景の美しさが印象に残ってます。
もうねこれだけのクオリティなのにフリー無料って素晴らしすぎる。申し訳なさ過ぎてサントラ買おうという気になりましたよ。

このゲームだけでは完結してなくてすがすがしいまでにつ づ く !!という終わりでした。でもよく練りこまれた世界観や複雑に絡み合った人間関係と戦争、そこにお馴染みの人外キャラ達が暗躍してるのが垣間見えてこれから先、人の手にあまるようなえげつない展開がきっと待ってるんだろうなって続きである2部に期待してしまいます。



追記から章ごとの感想とキャラ感想全部書こうと思ったのですが長すぎたので一旦区切って、序章から10章まで書いてます。

続きを読む

無料なのに その8 Another Tale

・Another Tale


・ストーリー
魔法学校に通うレナータ・ビアジーニ(名前変更可)は、
学内一の俊才フロリアン・アーベルと協力して卒業試験に挑むことになる。

卒業試験の内容は、高度なレシピ本に記述がある6つのアイテムの内、
4つを完璧に作り上げること。

こうして二人はレシピ本を抱えて東奔西走。
ときどき試験とはまったく関係のないアイテムなど生み出しつつ、
いがみ合いながらも課題をこなしていく。

そんなある日のこと、校内にドッペルゲンガーが出現するという
奇妙な噂が流れ始め……

(製作者様half様より転載)↓






とりあえず叫ばせて。
フフフフフロリアーーーーーーンンンンン!!!!!!!!!!!(涙)
いやいやいやグッドエンドを最後にとっといて見たんですけどまじ叫びたくなりました。
お師匠様ってばほんともうなんなのあれ(涙)
最後の青空見てエンドロール見終わった後タイトルに戻ったの見て「これで終わり、だよね?」ともう一度戻って
見直しましたがこれで終わりでした(笑)掛け合いとか別のエンドとかあっさりギャグテイストだったのでまるっと
油断してたのもあるんですがまさかあんなことになるとは。
このAnother Taleは製作者様の第一作目FantasticTaleの過去のお話なのでFantasticTaleに続く形でのエンドとなると
そうなのかもしれないけどちゃんと繋がっていて納得しました。

ゲームシステムとしては素材を採取し調合して卒業試験のアイテムを120日の期間内に作ること、なんですが
卒業試験のアイテム以外にも色んなものが作れます。アイテムによっては萌えたり笑えたりするイベントも
あったりで図鑑コンプや完成品をコンプするのも楽しかったです。
エンディングも数多くあってフロリアンとのイベントはもちろん友達(?)のミレイアのイベントもありますしやりごたえ
ありました。
前作FantasticTaleをプレイしなくても内容的に全然問題ないですしAnother Taleだけプレイ出来ます。
でもフロリアングッドエンド、アフターストーリーを見た後はFantasticTaleを絶対やりたくなること間違いない。


追記からかなりネタバレしてます。ご注意下さい。



続きを読む

無料なのに その7 はしばみ色の瞳の中は

・はしばみ色の瞳の中は

・ストーリー
森の奥にひっそりと佇むお屋敷――
少し体の弱い"私"は仕事で忙しい両親の帰りを待ちながら平和な日々を過ごしていた。
美味しい食事、優しい気心の知れた使用人、何不自由の無い生活。
たまに失敗するけれど、これからもこんな幸せがずっと続く。
そう、思っていた。あの日までは…

(製作者様へもへも様より転載)↓





設定自体がさぁもうねすっごい好きなシチュエーションでフルコンしてサイドストーリー読んでから
もう一度プレイするとうおおおおおおおおおおおおおおおおおおという気持ちになります(何だそれ)
何をどう書いてもネタバレになるのでネタバレ無しでは本当に何にも書けないのが歯がゆいのですが
とにかくすっごい好きです!!
ありがとうございました!!!!!!

演出もすごいなぁと感動。めっちゃきらきらしてる画面も色々エンドを見ていく内に理由がわかるし
一週目は選択肢が無く普通のエンドしかいけないのですがヒキも気になる感じだったのであっという間に
フルコンしてしまいました。
フルコンした後のサイドストーリーがまたボリュームィで「そうそうそれが見たかったのあたし!」
というかゆいところに手が届く嬉しい仕様。
ていうかサイドストーリーもう少しもう少し く わ し く やってぇええええええええええ!!!!
サイドストーリーで一本ゲーム作れますよマジで。
何というか全体的に細やかで丁寧に愛情持って作ってらっしゃるんだなぁと感じられて作品のほの暗さ
は置いといてほっこりしました。

製作者様の以前の作品××をください!も好きなんですがこちらがぶっ飛んでるのに対してはしばみ色は
一変めちゃめちゃシリアスで作者様の幅広さにすごいなぁと脱帽です。


でもどうしても吐き出したいので追記にちょこっと書いてます。
プレイする予定の方は覗き見されない方が絶対に楽しめると思うのでこの先に進まれるのはやめておかれた方が
吉だと思います。




続きを読む

無料なのに その6 ONTOMO

・ONTOMO



・ストーリー
主人公はまだまだ未熟な駆け出し陰陽師。
一流の陰陽師になるために必要な資格、式神検定(通称式検)の試験日が迫っていた。
式神を作って作って作りまくって、合格を目指そう!

(制作者cocoon様サイトより転載)↓ 



またしてもCOCOON様のゲーム。
今回は陰陽師の資格試験を受ける為に幼馴染のスーパー陰陽師かつ着物男子か厨二病の少年(?)
どちらかに教えを受けながら式神を作成出来るという驚きの携帯アプリを使って(!)
式神を作る練習をするというもの。
このメインの式神作成についてですけども、少年、青年、おっちゃんと3つのパターンで
作成出来ますが、髪型と髪の色、肌の色、眉、目、服等等、多彩な選択が出来て、自分好みの
式神を作成出来ます。作成出来た式神によって、2人の会話が違ってきたりして、相変わらず細かい
ところまで行き届いた作りに感動。COCOON様サイトにこの会話集の攻略も載ってますので
とりこぼすことなく安心してプレイ出来ます。
個人的にオッドアイが出来るのがおもしろい!厨二、厨二!と思いながら作っとりました、イイです。
本当に色んな式神が作れるので一旦嵌ると大変かも。

式神を作るのがメインで、ストーリーはおまけみたいなことを制作者様はおっしゃってますが
どうしてどうして、意外と深いストーリーでございました。
特に32才おっちゃんの設定にビビリました。軽いノリですけど、シリアスにしたら結構くるような展開
なんですよね・・・・。うおおおおおおお、礼慈との関係とか2人の気持ちとか色々と気になるぜぇ!!
寿々羽も結構意外とアレな設定で、ただの厨二病ではなかったです。
糖度は低めですけど、3人とも昔からの付き合いという設定もあり、主人公に優しいし好意が
だだ漏れなので、ほっこりした気持ちになります。
一番糖度的に高いのは礼慈@着物男子なんですが、いやぁ王道な感じでニヤニヤしますなぁ。
やっぱり10代カプっていいなぁ、大好き。
プロフィール

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。