スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕にその手を汚せというのか

嵐のような一週間でした。
ありえない忙しさに加えまた風邪引いちゃって全然治らないYO。
喉にきたんですが咳こむので非常にT・U・R・A・I★
健康って大切だなぁと病気になるとつくづく身に染みます。
最近は急に冷え込んだりするのでホントお気をつけ下さい~。

そうこうしているうちにタクティクスオウガ発売まで一週間きってるじゃないデスカ!!
昨日テレビでCM見て気付きました。あんなに楽しみにしてたのに日常に忙殺されて
忘れてたなんてなんたるコト。リメイク発売までにタクティクスオウガについて書こうと
思ってたのにもうあまり時間がないではないか。

プレイしたのは遙か昔なので詳しい内容とか正直スコーンと忘れてます。
なのでうろおぼえっぽいですがちょっと書きたいと思います。



タクティクスオウガをプレイしたキッカケは忘れましたが
SFC版を寝食を忘れてやりこみました。バイトに行くのも忘れました。
PS版も出た時に買いましたが読み込みが酷くて投げましたYO。
でも今も家宝としてどこかに眠ってるはず。どこかはわからない。

基本、詰まるまで説明書を読まない当たって砕けろ人間なので
プレイした当初は話も戦闘も????で難しくてわからなかったです。
でも人間関係が理解出来るようになると、深く練られたであろう世界観、シナリオ、戦闘に
グイグイ引き込まれました。

弾圧され迫害されてきた少数民族が蜂起することで拡がっていく民族紛争についてを描いた
ストーリーで主人公が選んだ選択肢によって3つのルートに分かれてお話が進み
どのルートを通っても最後は同じところに帰結する感じですかね。

主人公はどのような「正義」を貫くのか。

登場する人々が織り成す

狂信的なまでの思想や崇拝、優しいからこその葛藤

人間の弱さ、狡さ、醜さ、優しさ

思想の違いから起こる衝突

わかり合えなかったり、和解出来たり

等など書ききれませんが、勧善懲悪で割り切れないドラマ性があって
イラっときたりグッときたり笑ったり涙したり涙したり涙したりでした。


ストーリーで一番心にキタという場面は初めにルートが分かれる時の選択肢ですかね。
これ出た時、心臓とまるかと思いました。

選ぶの無理!!!!!!

トンデモナイ選択肢ですよ。いやゲームだから別に深くカンガエンナといえばそれまでですが
あの頃の自分に上の選択肢を選ぶ勇気はありませんでした。
やっぱりゲームでも許されることじゃない((;゚Д゚)ガクガクブルブル
正に1章のお題通り「僕にその手を汚せというのか」でしたが
私には汚すことは出来なかったですよ。よってLルートは一度もいったことがありません。
常にCルート一択(時々Nルート)だったので善人顔のヴァイスを
攻略本で見てビビリました。君の、あんなすがすがしい顔初めてみたYO。
でも、黒だろう思われる事も白だと平気で言い切れる汚れた立派な大人になったので
きっとあの選択肢を選ぶことが出来る…はず!なので今回はLルートに是非とも挑戦したいです。
待ってろヴァイス!!今回は助けてみせるZE!

あと、上のシーンと双璧をなして心に残ったシーンが
片目ランスロットと戦闘をした後の選択肢のセリフ。ちょっと別方向な残り方ですけど。


↓一応反転します。
「僕は姉さんを愛してる」



( д ) ゚ ゚


いやいやいやいやいやいやいや!!!!!!!
確かにアレだけどアレはアレだしアレだけどアレはアレで
とにかくデニム落ち着けェェェェェェェェェェェェェ!!!は、早まるなァァァァ!!
カプ厨な自分ですがセンサー出なかったんでびっくりしました。
確かにカチュアは病んでましたがそういう感じの病み方ではないだろうし、デニムはなぁ…。
それにあのカチュア様ですよ?考え直せデニムよ、と思いつつも
コワイもの見たさで選び、見事にアレなことになりました。
ここの一連の選択肢のせいで戦闘を何度も何度も何度も何度もやり直しましたよ。
確か連戦だったと思うので間違う度にコントローラーを投げました。
このゲームは攻略本が出なくて、本なしで挑みましたので選択肢総当りでした。
もうあの人助けなくてもいいか……いいよねもう…と何度も挫けそうになりましたが
最後は禁断の技オーブ無双の前にほぼ塵と化してくれました。

ランスロットのあの姿とかオルゴールとか色々反則だったり
外伝やった後オープニング見てあの音楽聞いたらアルフォンスーーーと叫びたくなったり
Nルートのギルダスがどうしてこんなことになったと悲しくなったり
Lルートでセリエさん……なシーンがあったのを某所で見たり
急に沸いて出てきたオリビアに最後全部持ってかれた感があったり
物語はうろ覚えなんですが印象に残るシーンが多くて
あげるとキリないのでこれくらいにしときたいと思います。
ストーリー部分はプレイする年齢によって感じ方も変わってくると思うので
昔と違って見えるとは思うんですけど、それも楽しみです。


戦闘は初め何てことなく勝てたんですが中盤過ぎの連戦が出てくる辺りから厳しかったです。
中断は出来るけど負けると全て水の泡なのでセーブさせてくれぇぇぇぇぇと何度も叫びました。
いいアイテムが取れたのにやり直しとか・・・・orz
でも最後はオーブ無双でゲートを閉めたというゲーム性全否定でエンディングを迎えた記憶があります。

そして一番お世話になったトレーニングが今回ないみたいでちょっと淋しい。
レベル1から育てる時はレベル一番高いキャラ(大体デニム)を標的に
ひたすら石を投げまくってレベルを上げてました。
デニムが剣でカーーンと避ける度に、周囲の人達曰く
デニムめぇぇぇぇと恨み言を言っていたらしいです。
いや私全然覚えてないんですけどNE★



楽しみがなくなるので、あまりリメイクの情報を仕入れていないのですが
助けられなかったキャラも助けられるシステムがあるとのことで
楽しみでもありちょっと残念でもあったり。
助けられなかったからこそ、いつまでも深く残ると思うんですよね。
でも15年たったからこそ嬉しくもあるという思いもあり複雑です。

個人的神作品のリメイクいうのは、楽しみな反面不安があるのも否めませんが
リメイク前とは別ゲームとして楽しんでプレイ出来ればと思ってます。
思い入れがありすぎて、こことかあそこが昔と違うからヤダ!とか
あら探しするみたいにプレイしてたら楽しくないです。
それに全く同じ物を作るのでは「リメイク」の意味ないですし。
もちろん文句を言うのは自由ですけど、そんなに嫌だったらプレイしないで旧作を
プレイしとけばいいじゃんと思います。

まあ毒を吐くのはデフォな人間なんでどう転ぶかわかりませんが
とにかくあと4日後ですよ!!楽しみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スイ

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。