スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶の毒 華の鎖 野宮瑞人 感想



18禁ゲーム「蝶の毒、華の鎖」だめんずなお兄様、野宮瑞人感想です。
犯人などその他諸々容赦なくネタバレしてますので、先に進まれる際は十分ご注意下さい。



おにいさまあいしてる!だめんずでもよくってよ!!!!

とにかくお兄様はダメなオトナです。
華族のボンボンだということを差し引いても、ダメなオトナです。
働くことなどとんでもなく、お金がなくったってフラフラと花街に出かけてエロイことして朝帰り。
芸妓さんに借金も肩代わりしてもらってるらしいですよ。
きっと「ごめんね」と切なげに謝りながら騙くらかしてるんだろう!
ああ、目に見えるようですよ、お兄様の悪事が!本当に悪い男です。
お父様とお母様が死んでしまっても、家がどんなに困窮してても
変わらずいつも通りフラフラフラフラフラフラ~~~
俗世間のわずらわしいことは一切興味なし!いわゆるニートなワカメ野郎です。



そんな、だめんずなお兄様を救えるのは百合子サンだけ。
とにかくお兄様をほっといちゃいけません!!!(゚Д゚)クワッ 
ほっとくとですね、心中しちゃったり、他の女を内縁の妻として妊娠させちゃったり
フラフラフラフラどっか飛んでいきますよ、アハハ、ウフフ~。
他ルートに行くと一番残念なことになるのはお兄様だと思う。

だって心中しちゃうんだよ!
他の女を妊娠させちゃうんだよ!

びっくりだよ、お兄様!乙女ゲーでこんな悔しい思いさせられたの、カヌチ以来ッスよ!
でも、驚くほどお兄様の末路にピッタリでグゥの音も出ません。



遊び人兄ちゃんで、ゆらゆらゆらゆらゆらくる感じがたまらなく、くせになる人。
軸が定まってないというか、ホント柳のようにしなってる感じがします。
色々なしがらみをゆらゆらっとかわしてしまう。
何だかとっても厭世的なんですよね。
お兄様がこんなにグレてしまった原因は、お兄様がお父様の子供ではなく
家に来ていた遠縁の伯爵が女中を孕ませて出来た子だったというツライ生い立ちを知ってしまったから。
そして、お父様が血の繋がらない自分を引き取ってくれた理由は
お母様に嫉妬して欲しいがためというキチな理由からという残酷な事実。
自分が好きだった絵も諦めさせられた上、今まで当然だと信じてきたことが足元からなくなってしまって
何だかもう全ていやんなちゃったんですね。

そんな、厭世的な雰囲気が平井さんの演技とぴったりはまっててスバラシイ!!!!!!!!
もう神!!!平井さんは神!!!!!!!!!(゚Д゚)クワッ
あの声は凶器です。
特典CDのエコーにはビビリましたが、かなりいい喘ぎでした(*´д`*)アハァ
特典CDの件ではアニメイトを呪いましたけど
今となってはお兄様でヨカッタと7割位は心から思えるようになりました、アリガトウお兄様。


あと、お兄様ルートは、何と言っても他のメンツと比べて背徳感が突き抜けてます。
近親相姦ですからね、漂う禁忌の香りはハンパじゃありません。
百合子サンと血が繋がってないと知る前からガチで愛してましたから。
結果的に血は繋がってなかっただけで、お兄様にそんなことは無関係。
百合子サンの髪を洗ってはあらぬコトを想像して耽っていたのかもしれない。
ナンテエロガキ!!!!!
だって男の人が女の人の髪触るって、・・・・・アレでしょう?アレアレ!

2人の思いが通じ合っても、ラヴラヴイチャイチャチュッチュッブチューとはいけない
色んなしがらみがあって血は繋がってなくても、十分背徳の香りを堪能させてくれました。

香りといえば、蝶毒は香りが匂い立つような描写がよく出てきてクラクラきます。
百合子サンは百合の匂い、お兄様は油画の匂い、斯波サンはオーデコロンの匂い
秀雄は石鹸の匂い、フジタサンは・・・・・・母乳チョコレートとかお菓子の甘い匂い(笑)
真島は百合子サンと同じ匂い。
当然匂うわけではないですけど、読んでると香が漂ってきそうな不思議な感覚に陥ります。
それぞれのルートで煽られているような気持ちにもなって上手いなぁと感じました。




さてさて、しょっぱなからドレス姿の妹を怪しいまでの褒めっぷりでご登場のお兄様。
きっと舐め回すような目つきだったんでしょうね(妄想です)
彼の百合子サンへの好意はだだ漏れでしたけど
基本、妹に対する愛を逸脱はしない、深くは踏み込んでこないんですよ。
横断歩道で青信号になっても、左右を確認して慎重に進むタイプだったことにビックリしました。
衝動的ではないんですよね。
衝動的になったとしても、すぐに冷静になって立ち止まるというか。
この寸止め感がとても心地いい、惑わされます。

誕生会の名を被った見合いだと知っていても
百合子サンが誰かにKOIしてると知っても
表面上は特に動じることもなくいたのは予想外でした。
もう少し、秀雄君とか斯波サンみたいに動揺するとか嫉妬するとか何か反応あるかと思ったんですけど
全くの無反応にあたしの胸が大層キュンキュンしました(*´∀`*)
いいよ、いいよ、初めから全開でこられるより全然イイです、お兄様。
お兄様の抑えに抑えた百合子サンへの愛は、コレくらいじゃ動じなくなっちゃったんだろう。

私、お兄様は、とことん突き進む病み系兄ちゃんだと思ってたんです。
百合子サンの意思かんけーなくやっちゃうような、
血が繋がってないことを幸いに嬉々として百合子サンに迫ってくるようなイメージでした。
ごめん、お兄様。全然そんなことなかったよ。
他ルートでもそうですけど、自分の気持ちを抑えて、とにかく百合子サンのことを一番に考えて
百合子サンの幸せを願ってくれてる、にいさまの優しい大きな愛に心を打たれました。
誕生会では祝福してくれたのに、斯波サンとの結婚は大激怒、お母様に猛反対してくれます。
前者は確実に不自由なく幸せになれる、後者は幸せになれないとお兄様基準では思ったんだろうな。
他ルート行くと、ヘタレ全開なのがお兄様クオリティ。
頑張れる基準は百合子サンの幸せに繋がるコトだけ!それもまたお兄様クオリティ。


意外と自制心がある兄様なので百合子サンと恋愛カンケーになっていく過程や
そこからウッフーンなカンケーになってく過程に焦れ焦れさせられて
たまらなく、あたしの中の何かが刺激されっぱなしでした。

花街へ行くのやめて!と懇願した百合子サンに
「オレは女の人とニャンニャン(古!)してないとダメなんだ!!(超意訳)」とマジ顔で抜かしたお兄様。
それでもヤメテ欲しいという百合子サンに
「じゃあオマエがオレとニャンニャン(古!)してくれんのか?(意訳)」的なことを言い放ち
本気と書いてマジと読む感じで誘惑してきます。
その次は酔った勢いで「僕と結婚しておくれよ~」とかわいくプロポーズして
同情をイヤでも誘うようなお涙頂戴の出生の秘密を明かし
「ずっと一人の女性として愛してた」とマジな告白をしたけれども
百合子サンに自分の気持ちを押し付けることもなく、それ以上向かってくることもない。
それどころか何食わぬ顔で他の男との縁談を勧めてきます。
斯波サンと百合子サンを2人きりにして、花街へ行こうとしたり・・・
近付いては、離れて、ちょろちょろ本音出してはバッサリ遮断される。
衝動的になったり、立ち止まったりして、こっちがゆらゆらゆらゆらしちゃいますよ。
何だ、この絶妙な距離感!!!!

何だこの萌え!

何だこの萌え!!

何だこの萌えーーー!!!!!(*゚∀゚*)

私自身、予想GUYな大きな萌えにビックリ。
あたし、ダメ男っていまひとつ心に響かないんですけど、見事に惑わされました、クラクラです。
何て悪い男なの、お兄様は!悪い男の手口ですよ!!!
アンタ好きだって言ったじゃないの!!どうしてそんなそっけない態度とるのさ!!!!
気を持たせるようなこと言って、平気そうな素振りしちゃって・・・・・

一体どうしたいの、萌えるじゃない!!!!!

こんないじらしい態度取られちゃったらもう、萌えるしかないですYO!


案の定、百合子サンも、お兄様に翻弄されてるのが伝わってきます。
こんな態度とられたら、どうしたって気になっちゃうし、
そのイライラをお兄様にぶつけると斯波サンかお兄様か選べと言われます。
ここで斯波サンを選ぶとバッドへGOになります。


お兄様を選ぶと、喜んでキスしてくれます。
お兄様とのラヴなシーンはどれもこれも官能的でエロくてその色気に当てられてしまいますよ。
存在自体が卑猥ブツです。
あたし、お兄様を第一級取り扱い危険ブツに指定したいです。
スチルも美しいものばかりで見入ってしまいます。
特に私の好きな月明かりの下でのブッチューなスチルは静かで美しいのですけど
文章としては物凄い情熱的ディープなチューをかましてるのが、また!!
この静かなスチルと熱い文章
普段の冷静なお兄様とこの熱いチューをかましてるお兄様
どっちも温度差があって、それがたまらなく萌える!!!



思いを確かめ合ったあと、お兄様は百合子サンの絵を描くと言い出して
ちょっと頑張ろうという気になったみたいですが、兄様の卑怯な手口は健在で、
「お前が他の男と結婚するのを見たら……僕は、きっと狂ってしまう。」とか静かに情けなく言うんですよ。
ネチネチネチと絡みつくような独占欲と抑えきれない嫉妬が心地良くて
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
今まで、こんな直接的には嫉妬してこなかったのでゴロンゴロン床ローリンでした。
お兄様がKOIを自覚してから胸に抱えてきた切ない心情を思うと
胸にダイブして、抱きしめてギューッとして安心させてあげたいよ(*´д`*)アハァ


百合子サンもお兄様が懇意にしてた芸妓に嫉妬して花街へ行かせないように
画策したりして、2人の関係も盛り上がってきます。
結局お兄様にはその画策したのがバレてしまうんですが
結果的に百合子サンの不安からくる嫉妬にズキューーンときたのか
お兄様の心のブレーキが緩んで、ついに・・・ついに・・、ベットへGO!!
もうね、もう神!!!平井さんは神!!!!!!!!! (゚Д゚)クワッ 
大事なことなので2度言わせてもらいました。
いえ、2度と言わず、何度も何度も叫びたい。
平井さんは神!!!!!!!!! (゚Д゚)クワッ 
お兄様の取り扱い危険度を間違いなく平井さんが押し上げてるよ!
喘ぎはモチロン、囁くようなお声とか、エロイエロイエロイよ!!!

お兄様は何と言っても指がエロイ!!
髪触ってる指とか、ほっぺさわる指とか、抱きしめてる指とか、アハンなシーンでの指使いとか
あたし、何だか指に目覚めてしまいましたよ、ああイイ。

お兄様のアハンシーンは官能的でエロくて微妙にSも入ってたまらない!!!!
手馴れた感がたまらなく「イラッ☆」とさせますけど
お上手なので百合子サンをネットリジットリ翻弄しているのが
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
スチルのいじわるな顔がた・ま・ら・な・いwwwww
アハンな最中でお兄様が吐き出す長年の思いと独占欲が一緒に絡み付いてきて痛い。
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
痛いのにとんでもなく萌えてどうしようもないYO!

事前の百合子サンを誘う時も卑怯さ炸裂ですが、事後のピロートークでも卑怯な手口が炸裂です。
お兄様って、基本、無理強いはしないんですよね。
でも、最終的には自分の思う通りにことを運ぶように仕向けてる。
とりあえず、自分の気持ちを主張をする前に、前置きがあって
百合子サンの気持ち、後々考えそうなことを先回りして言うんですよ。
そして、こっちの気持ちに一定の理解を示しつつ、一旦引いたりする。
その後で、自分の主張を切なく相手の気持ちに訴えかけるようにネチッこく言うんです。
挙句、申し訳なさそうに謝罪したりする。
しかも、物憂げな、悲しみにくれたような顔を装備して。
意図的にやってんのか、無意識にやってんのかわかりませんけど
こっちの気持ちを害することなく、更にはお兄様を否定したら悪いような気持ちにさせます。
何て悪いオトコなの!
自分の主張を穏便に通す時の基本をわかってるよ。
お兄様の、あの容姿とあのお声でそういう風にされたら
どのおなごもお兄様を否定することなど不可能!!
オッソロシイ交渉術です、お兄様。
悪い男は口が上手いからね~、お兄様もその例にもれてませんね。


その後、いつも通り、真島が怪しいワ☆になって、本人に内緒で調べることに。

ここでアレレレレな選択肢・その2が発生します。
フジタサンに真島のことを聞くのですが、その時出る3択がコレだ!

1.恋人はいるのか

2.副業などをしているか

3.下着の色は何色か

( ゚д゚)



………何か1つおかしくない?
………明らかに…3…おかしくない?
明らかにアロマリエさんに誘われてるwwwwww

これに乗らねば女がすたるので迷うことなく3を選びます。
そうすると戸惑いつつもフジタサンがフンドシで白でしょうねって答えるのが、またwwwww
興味本位で聞いたことを言うと
いつもクライマックスのイイ場面で流れるアノ大仰な音楽と共に
教育方針間違ったーーーーとか叫び、うなだれるフジタさんが見られます。
いやぁ、フジタさんの焦りっぷりを見て爆笑し
真島のフンドシ姿をちょっと想像してしまった良い選択肢でした。

アレレレレな選択肢・その1は、ちょっと巻き戻るんですが
お兄様が料亭で百合子サンに告白する手前の選択肢。
百合子サンに好きなタイプをお兄様が聞く時出てくる3択がコレだ!

1.優しい人が好き

2・頭のいい人が好き

3.大きい人が好き

( ゚д゚)



もうさぁ、明らかに誘ってるよね?3!!!
18禁ゲームですから、大きいって言えばね、想像するのは1つ・・・・・
アハ、オチは読めましたけど、敢えての3を選びましたよ!
私、お兄様と同じく汚れた思考回路でお揃いでした、ウフフフフ。



えーー、しょうもないことで少し話がそれましたけど
とにかく真島の下着とか恋人とかを聞きつつ本命の副業はしてるのかを聞きます。
でも、あまりハッキリしたことは出てきません。
そんな時、突然お屋敷が炎上します。中々、いい爆発音でございました。
真島が一番憎んでたのは攻略キャラの中ではお兄様だろうし、ここまで破壊されるのはお兄様ルートだけ。

真島のお兄様に対する思いを妄想するとのたうちまわりたくなります。
全キャラ中、百合子サンもろとも抹殺したいと思うのはお兄様ルートだけだろうしなぁ。
羨望、憎悪、同情、共感、とか色々混ざってるんだろう。
主には憎悪だろうけど、それでも羨ましかっただろうし、
同じ想いを持つ者として共感したり救われたりしてたんだったらグワグワきますね。

ただ、血が繋がってないと知ると証拠もないのに信じて、アッサリ崩れ落ちるのが真島クオリティ(笑)
もうちょっと疑え!!!
どのルートでもあっさり正体見破られるし、もう少し慎重に行動してくれ、闇の阿片王!(笑)
あのですね、闇の阿片王という言葉が出てくる度にものっそい恥ずかしくなって
後ろに(笑)を付けたくなります。
何、この厨二なネーミングセンス!!付けた奴出て来い!!
まさか真島がツケタンジャナイヨネ???

お兄様ルートの真島の心情を考えると、妄想がとめどなく溢れてきてたまりません。
たぶん、お兄様のことを罵りつつ、同じ立場の自分を思って羨ましかったりしただろう。
真島に芸妓さんに会いにいくようにお願いする時に出るセリフ
「姫様も殿様も、お互いを殊更大事になさるのは当然ですよね……たった二人のご兄妹なんですから」
何こんな切ないセリフ吐き出して泣きそうになってんの真島はぁぁぁぁ!!!!!
どんな気持ちで2人のアハンな現場を見てたのか(涙)
血が繋がってないと知って、ホッとしつつも、お兄様をより羨ましく思っただろうな・・。
同志だと思ってたお兄様が実は違ったと知って落胆したかしら。
汚れているのはやっぱり自分だけと思い知らされて、自分を更に呪ったのか。
ああ、ホント真島の出口のない思いを考えるとお兄様ルートだというのに、ごっそりもってかれます。



ベストなエンド「夜色の髪」
屋敷炎上後、日本を離れフランスで画家として成功したお兄様。
百合子サンの裸体も書いてるだなんて・・・・
エロイ場面で「ダレにも見せたくない」とか言ってたのに、嘘つきですね、お兄様(笑)
フランスまでやってきたという斯波サンのストーカーぶりにガクブルしつつ
嫉妬したお兄様とアハーーンな流れに。
やっぱり、お兄様の真価はエチシーンでこれ以上となく発揮されますね。
普段の冷静な面が崩れて衝動的になったり、微妙にいじわるになったり、
相変わらずのネチっとした独占欲とか、たまりません。
しかも着たままでとか、わかってるじゃないの、アロマリエさん。
ただ、最後のスチル、百合子サンのお目目が怖すぎました。
別の意味でイッチャッタYO!!

お兄様はこのベストなエンドが一番好き。
普通に結婚して子供が出来て幸せーなのもいいんですけどね。
実際は血が繋がってないから全くもって問題はないですけど
それを周りの人達には隠してるので世間的に見ると近親相姦になっちゃうわけで、
そんな重大な禁忌があるモノに関しては、こういう制限された幸せの方が萌えます。
それがバッドではなくベストエンドだというのが余韻が残ってまたイイんですよね。
だってどう考えても普通の幸せを手に入れることは難しいし
手に入れたとしたら、やっぱり違和感がとまらないし、何かぶちこわしな気がします。
最後に色んな意味で吐き出されたお兄様のアレヤコレヤがズキューーンときました。


そしてバッドエンドですけどお兄様はバットエンドいっぱいあるね!探すの大変でしたYO!
バッドエンド「つがいの蝶」
真島を直接怪しいことを問いただすと迎えるバッド。
2人でいちゃいちゃしてると屋敷を燃やされます。
助からないとわかって、薬のんで心中するエンド。
お兄様ホント心中お好きよね?フフフフフフフフフ。
ここで初めて蝶が出てきます。
蝶関連のお話は、お兄様と百合子サン
コンプすると(?)一番最初に出てくるお母様とお母様のお兄様の場面で出てきたのかな?
真島の時はどうだったかな?出てきたっけ?
「蝶の毒、華の鎖」イミがよくわからないのですけど近親相姦を象徴してるのかなぁ?
何となく華は百合子サンと真島のあの匂いをさしてる気がするんだけど
それとも百合子サン本人のことを指してるのかなぁ?
タイトルのイミがいまひとつわからない。あんまりイミないのかもしれないですしね。

バッドエンド「蔵の中で」
芸妓さんの所へ行ってもらうのをフジタサンにお願いすると辿りつくエンド。
蔵の中でアハーーンなことを繰り返してると
たぶんその情事を除いていて、
ギリギリイライラハァハァしていただろう真島に蔵に閉じ込められ
屋敷をまたもや燃やされるエンド。
ヤリながら燃やされてしまうという、何とも倒錯的なバッドでした。

バッドエンド「秘密の共犯者」
芸妓さんの所へ行ってもらうのを秀雄君にお願いすると辿りつくエンド。
お兄様wwwwwwwwwwwww
まさかの筆wwwwwwwwwwwwwwwwww
いやぁ、このネットリとしたいじめ方があたし好みで困るって、ホント!!
全キャラの中でお兄様との絡み合いが一番スキだ!
そしてアハンな最中に秀雄君が乱入。
まさかの3P、チェリー君お疲れ様でしたwwwwww

バッドエンド「空虚な明日」
お兄様の告白に対して斯波サンを選ぶと辿りつくエンド。
斯波サンは真島以外のどのルートを通っても必ず百合子サンと結婚しますね。
すばらしいストーカーぶりに涙がとまりません。愛ですね、愛。



正直、こんなにお兄様に萌え転がれるとは思ってませんでした。
愚鈍で頭が悪くて、ただ見てくれが綺麗なだけの阿呆(by真島)ですけど
ただひたすら百合子サンの幸せを願って、自分の想いも抑えこむお兄様が切ない。
百合子サンの為だったら、人知れずだったり、人知れずじゃなくても頑張ってくれようとする
お兄様は漢だと思います。特に秘密倶楽部の件とかね・・・。
あんな屈辱的なこと死んでもイヤそうなのに百合子サンの幸せの為なら黙ってやれちゃうお兄様に涙。
どのルートでもお兄様は秘密倶楽部へ百合子さんの為に人知れず身を投じているのだろうか。・゚・(ノД`)・゚・。。
どんな、ダメ男でも、もうこれだけでもう十分です。
そんなお兄様が愛おしくて胸が苦しい。
ああもう、お兄様、大好き!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スイ

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。