スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶の毒 華の鎖 斯波純一 感想




18禁ゲーム「蝶の毒、華の鎖」一途とストーカーは紙一重、 斯波純一感想です。
犯人含め、その他容赦なくネタバレしてますので進まれる際は十分ご注意下さい。











斯波サンルートは世の乙女の夢がこれでもかと詰まっているルートなのではないでしょうか。
金と権力持ってて、自信家の美丈夫で話術も巧み、人望もあって
イイカラダしてる(ここ重要)経験豊富な魅力的殿方に情熱的に愛される・・・色男は金と権力もあったヨ・・・。
しかも、小さい頃からずっと、主人公のことを思い続け
彼女を自分の手で幸福にする為だけに生きてきた一途な献身的人。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン
こ、こ、こ、こ、こんな都合イイオトコ、存在するわけないからねッ!!!
と、ツンツンツーーンを発動したものの、一旦ルートに乗っかってしまうと


百合子サンの代わりにあたしを嫁に!!!!!!!(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ (イヤソレムリ)


嫁がムリなら愛をくれ!!!(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァオカネモクレ!(モットムリ)


と、カプ厨200%のあたしに言わせました魅力的なオトコです、斯波サン。
ワタシは基本的に主人公とか脇カプに萌え萌えするいわゆるカプ厨、完全傍観者人間なので、
いつもこんなこと思わないんですけど

斯波サンは別!!!!一家に一台是非欲しい。


最初から最後まで嵐のような萌えとキュンで心臓がバクバクです。
カレの衝動、情熱的で深い愛に当てられて思考回路パーンなります。
回路が繋がってないので、斯波ルート中はおかしな言動、行動が起こって大変でした。
そんな斯波サンの個人的イメージは、頭のてっぺんから足の先までオス。
そんなの当たり前なんですけど、とにかくオス臭い。
常に盛ってて、百合子サンと会う度に粗相してます。
一歩間違うと犯罪者ですYO!
いやもう、片足どころか両足突っ込んでます。ストーカー疑惑と暴行未遂・・・・・。

まぁ、でもその犯罪まがいのオス臭さがオーデコロンの香に相殺されて、上品さもプラスな感じ。
だから、男臭くガツガツしてるのに、どこかスマートで 野卑な感じがしないんです。
しかもこのオーデコロンの描写が多くて、実際香ってきそうな表現に、終始クラクラきました。
とにかく、強引に迫ってきて、絶対オレのこと好きだろうという自信たっぷりな態度。
でも百合子サンに全力で拒絶されちゃったら尻込みして落ち込んじゃう。
こういうところに「キューーーンッ☆」ときますね。カワイイです。ギャップ萌え。


斯波サンルートは基本、

強引に迫る→拒否される→キレる(場合によってコトに及ぶ)→落ち込む

この繰り返しです。もうちょっと学習した方が(笑)
でも色々いざこざがあっても、次の逢瀬では、普通の態度でいられる
斯波サンのツラの皮の厚さは純粋に羨ましいと思う。

しかし、すがすがしいくらい裏表のない愛情には感動します。
真島みたいに笑顔の裏に何かが隠れてることない。
一直線です。一直線すぎて、百合子サンに対して盲目ともいえる行動も取っちゃいますけど。
毒だって飲むし、母乳男や、剃毛男つきの偽装結婚もオケな懐の深さ。

懐が深いっつーか、狂気の沙汰ですYO!

何であんなに、結婚することに拘ってたのか、彼の事情を知れば納得は出来る。
カレの血の滲む様な努力は百合子さんと結婚する為だから
結婚出来なければ、今までの人生全否定されちゃうわけですもんね。
何としても結婚したいと思いますよね、百合子サンの気持ち総無視でも(笑)








斯波サンの登場シーン、いつも流れるあの音楽がスキ。洒落た感じで、斯波サンにぴったり。
おそらく、表メインな貫禄で一番初めの登場シーンはおいしいとこ満載です。
無謀にも、ならず者に向かっていった百合子サンをカッコよく助けて颯爽と登場します。
秀雄君もお兄様も面目丸つぶれ。いやお兄様はつぶれる面目がない


そのままの態度でいれば百合子サンももっと素直になれたかもしれないのに
お父様が死んで凹んでる百合子サンのところにやってきて
「もうこの家だめぽ。オレがオマエを買ってやるから、ゲヘ(注意:百合子サン目線)」
と言ってしまう斯波サンはオトメゴコロを勉強した方がいい。
でも個人的には、こういうオカネで無理矢理買われる話は大好物だったり。
相手が美形な場合は萌えるけど、いい年したエロオヤジだったら燃えてもっとおいしry

ちょっとばかり自意識過剰だったのもありますが
反抗する百合子サンの反応を見て楽しんでたのもあるのかなぁ。相当嬉しかっただろうしね。
百合子さん単体は好きだけど華族の百合子サンは嫌いといったところなのか。


ここから斯波サンの基本パターンスパイラル
強引に迫る→拒否される→キレる(場合によってコトに及ぶ)→落ち込む
がはじまります。しかも、先に進むほど、オイタの程度が上がっていきます。

食事に誘われた帰りの車、何かありそうと思いましたけど期待を裏切らない展開に
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
よろけた百合子サンを抱きとめちゃって、反抗されたら抑えられず
無理矢理のキスに滾りました。やっぱり無理矢理っていいわぁ、ホゥ。
何度もブチュッとやってますよ、奥さん!!!!しかもディープぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!、
糸も引いちゃって、イヤラシイ!!
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
百合子サン(たぶん)初めてだっていうのに・・・、これはGJですよ斯波君!
床ローリングでアワアワアワアワです、モエーーーーーーーーーッ!


鏡子様主催の食事会後、真珠の首飾りを渡す時に貰うのを躊躇してると
突然斯波サンがキレます。
斯波サンの地雷ポイントがワカリマセンワタシ!
そんなに怒っちゃイヤです。しかも、あんなに嫌われることしてて
「どうしてそんなに嫌いなの?ねぇねぇ!!どうしてなの・・・(涙)」
と縋ってくる斯波サンに笑いました。
あんた、ホントに嫌われてないと思ってたのかい!!!
「いやよいやよも好きのうち」と変換されてたんでしょうね。かわいい人です。


イイ男には、女の影がついてまわるもので鏡子さんとアハンな関係だったことがわかります。
反発しながらも、抗えない斯波サンの魅力にグラグラ傾いてた百合子サンにとってみると
ガツーーーンときた様子でしたが、ワタシ個人はノーダメージでした。
お兄様の心中と妊娠事件の方がよっぽど堪えましたYO!
鏡子様から色んなテクを授けてもらったのかとかそんな下世話なことの方が気になりましたヨ。

百物語が終わって真っ暗になったのを見計らって、百合子サンを拉致して部屋に連れ込む斯波サン。
だから一歩間違うと犯罪だって!
ここで、百合子サンが鏡子さんの関係を攻め立てます。
でも、「えええ、嫉妬してくれちゃってんの∑(゚Д゚;≡;゚д゚)」と、キョドりつつ秘かに大歓喜してそうで(笑)
もうね・・・・、かわいくてかわいくて、かわいくて!!!!!!!!!!!!
いい年したデキル男なのに、妙に子供っぽくて愛しくて堪りません。
これもギャップ萌えってやつなんだろうな。

百合子サンに色々攻められてキレた斯波サンがまたしてもコトに及ぼうとします。
だから、犯罪だって!!!!!!
自分の思いが受け入れられなかったり、自分のことをわかってくれないとキレちゃうんですね。
な・な・なんて自分勝手な(笑)斯波サンじゃなかったら許しませんYO!
自分のこと全然喋ってないんだから、わからなくて当然なのにね
百合子サンをエスパーだと間違えてマセンカーーーーー??
あの小さい頃の出来事を覚えてないだろうと思いながらも、どこかで何かが繋がってるような
気持ちになってたんですかね、斯波サンの中では。
「あの百合子サンがオレを否定するわけない!!」みたいな。

そんな犯罪臭が凄くったって
やっぱり、イイオトコに強引にアレコレされるのは萌えますね!!!
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
もももももももももももももももももももえーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!
斯波サンのセリフもこっぱずかしいものばっかりで
キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッ
ここのシーン、彼の溢れる思いがこれでもかと伝わってきて、更に強引にコトに及ぼうとするのに
萌えがとまらなくて、何度も何度も何度もリピートしました。
ああああああああ、やっぱり強引にされるのってたまらない!!!!!!!モエ!!!

でも、中途半端なトコで終わってしまった斯波サンの後処理を思うと
気の毒と思いつつ妄想してニヤっとします。


この後、鏡子さんに弁解めいたことを言われて
怒った百合子サンは見合いを受けてしまうんですが
ついつい、斯波サンと比べてしまって、見合い中も斯波サンのことしか考えられません。
それは、あんなイイ男いないですからね、並のオトコではもう満足出来ませんよ!
でも、見合いの席で、暴露しなかった斯波サンを見直しました。
暴露するつもりだったかもしれませんが、百合子サンの名誉のを優先したことに拍手。


その後、見合いがどうなったか気になって気になって気になって
百合子サンのところへやってきたら、突然倒れてしまいます。
本まんまと、百合子サンの部屋に転がり込むことに成功した斯波サンは
ようやく、過去のつながりを教えてくれます。

ここら辺についてはプレイした時は、萌えの嵐にイヤ-----(*゚∀゚*)-----ン!!!!だったので
一途で重い思いに感動しましたが、後で冷静にカレの行動を見直すと
一途という名のストーカー疑惑があたしの中で消えません。
でも、長年思ってきたことを突然知らされれば困るだろうという認識は持ってたみたいだし
重度というわけではなさそうなんですけどね。

再び会えるその時を願って、ストーカー入ってますけど百合子サンを探し出して、
彼女に見合うオトコになってその前に立ったその時の気持ちを考えれば
彼の強引とも言える、数々のオイタもモエーーーッだけじゃなくて
切なくて愛しい気持ちがこみ上げてきます。
ああ、是非とも斯波サンを幸せにしてあげたいよ(´;ω;`)

ただ、ハンカチもらって、かくまってもらったくらいで
「オレノヨメケテーイ」とまで飛んじゃうのがちょっと?な感じがした。
これは、斯波サンの生い立ちが割とテンプレ的なので、いまひとつインパクトがなくて
百合子サンにあれほど執着するということが個人的には弱く思えてしまったというのがあります。
もう少し、斯波少年の悲惨な過去がギリギリと抉るように綴られて
更には、ハンカチを渡すところのスチルがあったら・・・・・・・
もしくは幼女百合子サンのピンでのキラキラ笑顔スチルがあれば・・・・・
この時の斯波少年の衝撃、KOIに落ちる瞬間というものが伝わってきたかなーって思うのです。
おそらく斯波サンにとって、どこぞの時空を超えた宰相のように
一目ぼれだったんでしょうね、きっと。同じ様に光だったようですし。

あと?と思うのは、幼き日の一瞬の出会いを胸に、ここまで頑張った斯波サンの中では
相当、百合子サンが美化されてると思うのですよ。
実際会って、あの思い出以上だったと言われてもやっぱりシックリこないんですよね、あたし。
そこは百合子サンパネェ!で深いことカンガエンナYO!でいいんでしょうか。
それとも、その美化された思いが数々のバッドエンドでの献身的行動に繋がってるのかしら・・・・。
斯波サンルートではどうしても、百合子サンとの出会い関連がモヤっとしてしまうんです。

それにしても、幼女百合子サンのかわいらしさはパネェッスね。
(たぶん)フジタサンを除く攻略キャラ全員を幼女時代に虜にしてるんじゃなかろうか。
ああ、やっぱり、幼女百合子サンの笑顔スチルを是非拝みたい。
だが需要はきっとない(キリッ






まぁ、そんな細かいことはおいときますけど
自分の為に努力してきたかを、知らされた女が男を拒めるはずもなく
お待ちかね、ここでようやくベッドイン!
ただ、今までが衝動的で強引だっただけに、
この場面での緩やかな衝動にスゴク物足りなさを感じたあたしはやっぱりMだと痛感しました。
しかも、意外と早かったですね、斯波サン(ニッコリ
鏡子様から授かったであろうテクを披露してよ!秘かに期待してたのに・・・・。
でも、このあと出てくる、ピロートークでのスチルの美しさと甘さにグハッとなりました(*ノ▽ノ)イヤン
今更なプロポーズ万歳!ようやく百合子サンが落ちてくれました、ヨカッタね斯波サン。



この後、とってつけたように真島の話が出てきてあれやこれやあって
逃げる為に、海に飛び込んだオトコマエな百合子サンを
同じく海に飛び込んで助けてくれた斯波サン。
無事助かってめでたしめでたしでベストエンドへ流れます。
でも、ここで落ち込んだ斯波サンを慰めてくれたというお兄様を見てみたい。
どこでか忘れたけど、 「まさかあのオトコを好きになったのかッ!!」
目をグワっと見開いて聞いてきたお兄様のお顔が忘れられないので
どんな風に慰めてくれたのか気になってしょうがない。



ベストエンド「優しい男」
結婚式がキチンと描かれるのは斯波サンルートのみ。
百合子サンの白無垢が見れるのはここだけ!なおいしさです。
孤児院を経営して身寄りのない子を助けていたり、彼の優しさを再認識するエンド。
最後まで精力的でごちそうさまでした。みんなベストエンドって元気ですよね!
一番しがらみがないエンドじゃなかろうか。
斯波サンが幸せそうでヨカッタと嬉しくなること間違いないです。


バッドエンド「後悔」
斯波サンエンドでは一番スキ。
斯波サンを幸せにしてあげたいと心底思いつつも
偽装結婚エンドやこういった虐げられるエンドの方が好みだというこの矛盾。
自分が自分でワカラナイ。
ホントは真島のせいなのに、斯波サンのせいだと思い込み
コロシテヤルゥゥゥゥゥ!!と復讐に身を焦がすエンドです。
しかも奴め、毒まで用意してくれちゃってさ・・・・・
アンタ、切なそうなカオしたって許さないんだからねッ!(涙)

これはもう、斯波サンの愛の深さが底なし沼のようにはかれないものだと痛感させられます。
百合子サンが毒入れてるの知ってて、毒入り酒を飲み続けてたなんて・・。
おバカですか???(涙)
バカだよ、バカだ!!!バカバカバカバカバカバry
そして、死んだあとから、全てが誤解だったとわかる後味の苦さったらないですね。

だがそれがイイ!!!!

あの日記は反則技です。
憎しみを向けられて、毒盛られても
一緒にいられて幸せだったと言い切る斯波サン・・・(ノД`)シクシク
実は斯波サンはMっ気あるんじゃいのかしら。ど、ど、ど、ど、ど、同類???
これだけ虐げられても、百合子サンを責めることなく幸せだと言えちゃうなんて
もう、Mとしか・・(ノД`)シクシク
正に、命がけのKOI!!!!!!

誤解だったとわかった時にあなたはいない~♪
しかし、百合子サンがこれから背負う罪の意識を想像するとグワっと来る。
しかも、そんな斯波サンの遺産で生活してくわけですよ。
そこかしこに斯波サンを感じていくわけですよ。
たぶん、憎しみつつも惹かれてもいたと思うので尚更グッときますね。
これ、この先、生きていけるんだろうか百合子サン。自殺しちゃうかも?
個人的には死ぬことも出来なくて、屍のように生きていくことを希望したいところ。



バッドエンド「座敷牢の恋人」
これは、復讐か自殺かで自殺の選択肢を選ぶとたどりつきます。
自殺を図り、助かるけど目が見えなくなって、斯波サンに囲われるという
斯波サンの中では黒いルート。真島が絡んでそうでね・・・、オマエどこまで!!
でも、個人的にシバサンに監禁は似合わないんですよね~。何でだろ。
監禁大好物なのに、あんまり萌えませんでした。
こういう後ろ暗いことするイメージじゃないからかなぁ。
しかし、お約束の座敷牢と乳首に鈴、
後、さりげにお道具も使っているところにクワッとならざるをえない。



斯波サンバッドエンドじゃないですけど、他ルートバッド偽装結婚について。
偽装結婚の時の斯波サンはどんな気持ちだったんだろうと考えると深い。
そこら辺、毒盛られた時のアノ乙女日記に切々と綴られてるんだろうか。
アロマリエさんには是非その日記を公開して欲しいところ。確実に萌え転がる自信があります。

百合子サンの気持ちが一番じゃなくても、結婚すれば百合子サンは斯波サンのモノだし、
二番手でも、自分が百合子サンを幸せに出来ればそれでいいと思ってるのかな。
斯波サンの生きてきた意味って、百合子サンを幸せにすること、結婚することだしね・・・。
そんな三角形が果たして幸せであるかどうか別にして、実際問題衣食住には困らないし
物質面ではこれ以上ないほど幸せではある・・・・ね。
そして、おおっぴらには出来ないけど、一番に好きな男とイチャイチャすることも許容され
これもある意味幸せではあると思う。
そう見ると、斯波サンの人生を賭けた願いは叶ってるわけで・・・・・・・せつねー!

やっぱり斯波サンの真価はこういう献身的なバッドエンドにこそありますね。






こうして他のルート含んで彼を振り返ってみると、
斯波サンの愛はどこまでも深いなーーーと感じます。
中々、他のオトコはここまで出来ませんよ。
対してお兄様は大きい愛。何がどう違うかうまくいえないけどそんなフィーリング。

この2人は蝶毒の中では対照的な存在だなと思うんです。
斯波サンは太陽な感じで、お兄様は月(某スチルより
斯波サンは衝動の人だけど、お兄様は自制の人。
斯波サンは他ルートで表立って助けてくれる(偽装結婚)、お兄様は人知れず助けてくれる(秘密倶楽部)
斯波サンとは絵に書いたような王道の結婚、お兄様とは日陰者(?)として裏技な結婚になりそう。
かなりこじつけくさいけですけどね(笑)
まぁ、あくまで個人的見解ってことで見逃してください。
たぶん、表メインが斯波サンで、裏メインがお兄様。
そして表裏を超越した、真のメインが真島な感じでしょうかね。


蝶毒は、真島の優遇ぶりがヒドくて(あんな奴なのに!)
こんなに努力してきた斯波サンに対して大変気の毒な気持ちになるのを禁じえないのですが
後ろ暗いところがなくクリーンに幸せにしてくれる彼のことが愛しいのは間違いありません。
堂々メインです。嵐のような萌えをありがとう!!





さぁ、残すところ真島の感想のみ!!!!ああ、ちょっと寂しいなぁ・・・。
でもいっぱい書くことありすぎてまとまってません。
あたし、思いのままに書き散らかしてるので
それらを繋げてまとめるのがどうにも苦手なんですよね。
話がポンポン飛んで、読み手の方には優しくない作りですが、
ここまで辿り着いて頂いてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

乙女日記をレプリカ本として発売して欲しい。

斯波感想キッタ━(゚∀゚)━ッ!!

こんばんはーvv
面白かったですスイ様がすっごく壊れてて!!あ、いや、斯波サンへの愛がたっぷり
詰まってて読みごたえがあって面白かったです。
「こんな都合イイオトコいるわけないもんねツンツンツーン」から「嫁にしてハァハァ」
まで一瞬で落ちてらっしゃったわよお嬢様…(笑)

スイ様の提唱する”斯波基本パターンスパイラル”が彼の可愛さをいかんなく表現して
いて愛しさが胸吹き荒れましたです、本当に斯波はかわいいなぁ(*´д`*)
そして笑える。

百合子さんとの出会いに関してのモヤッと感は実はあたくしも感じました。
細かく丁寧に作り込んである作品なのに、変なところで詰めが甘いなぁ…と。
もうほんのひと手間加えるだけで斯波さんの狂気じみた執着心に説得力出せたんじゃ
ないかしらー?ってちょと残念だったと思います。
でもまぁ、斯波の可愛さの前では些末な問題ですね…お嫁にしてくれるって言うんだから
この際もう何でもいいですな。

スイ様の感想を辿りながら改めて斯波への想いを強く確認しましたありがとう!
この調子で真島感想へ突入するスイ様がどうなってしまうのか楽しみです、あふふ。
お邪魔しました、ではまたでーす(^^*

そうそう、「お兄様の大きな愛」と「斯波さんの深い愛」ってところに、
あたくしも上手くは表現できませんが何やらしっくりと嵌るものを感じました。
なるほど!とな。

乙女日記、発売されたら全力で釣られます

あばやま様、いらっしゃい、おこんばんわ~^^

こちらこそ、あの長文を最後まで読んで頂けてアリガトウ(ノ´∀`*)
斯波サンへの愛を再確認して頂けて私の愛も無事お伝えすることが出来て幸せです。
でも他キャラ同様、まだまだ愛を書き足りない思いはあります(どんだけだ)

いつもツンツーンとして挑むのですが全戦連敗を更新中です。
他キャラは百合子さんとセットでこそ萌えるんですが、
斯波サンだけはね、百合子サンを押し退けて
あたしを貰ってくれぇぇぇぇぇぇと詰めよりたい!
こんな高物件の男が自分の人生賭けて愛してくれるなんてたまんない。
百合子サン代わってくれ!!!!!!!!!!

あの基本パターン、斯波サンの真価はこれですよ!
かわいいですよねーーーー(*´∀`*)
落ち込むところの顔がね、唇噛んでたりしててさ、キューンという鳴き声が聞こえてきそうで
もうね、見たこっちの胸がキューンですよ!!
「よしよし、もう大丈夫だからねーーー」と頭ナデナデしてあげたい。
頭キレそうなのに百合子サンに限っては全然学習しない余裕ないおバカなところも
かわいくみえるという斯波マジックにハマって抜けられない。

あばやま様も、斯波サンの過去モヤッとされましたか!
やっぱり、あの少しの文章だけでは説得力感じられないですよね。
あの時代の価値観が自分にあれば、彼の衝撃的気持ちとか、その他諸々
理解出来るかな?とも思うのですが、まぁ、それはムリなので、
もう少し演出とか、工夫してくれればなぁ・・と思ったんですよね。
そう、丁寧に作られてはいるんですが、所々ちょっと作りが粗いカモと
思うところもあったりで残念ですよ。
特に斯波サンのこの部分は彼のキモとも言える部分だと思うので
もうちょっと手を加えて頑張って欲しかったなー。
まぁ萌えの前にはささいなことですけどね。さらっと流すのが正解ですよね。

あとは真島だけですよ!闇の阿片王(笑)!!!
プレイした直後に真島について書き殴ったモノを見返すと
ほぼ叫びしか書いてなくて自分で笑いました。
マイペース万歳でいつ書きあがるか自分でもわかりませんが
真島への溢れる思いを思いっきりブログにぶつけたいと思います。

私もあばやま様のオモシロ突っ込み感想いつもとっても楽しみにしてますので
よろしく頑張って下さいですーー!
プロフィール

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。