スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Princess Arthur(プリンセス・アーサー)キャラ感想 その2

princess arther、ガラハッド、モードレッド、マーリン感想です。
追記よりどうぞ。







・ガラハッド
pa_tw05 (1)
今回の最萌え愛しのダーリンです。
かわかわかわかわかわえええええいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
もえたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
もえたわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
もういっかい萌えたあああああああああああああああああああああああああああああああああああ
感想?そんなもんもう萌えたああああああああああああああああああああああと叫ぶだけ叫びたい
うまくまとめらんないよ萌えすぎて。
美味しいものは最後まで我慢して味わうことをモットーにしてる私にとってマーリンという攻略制限の壁に穴をぶちぬけなかったのは残念でしたがそれを除けばほぼ不満ないです。
近年稀に見る良いツンデレでした。というよりクーデレっぽい?ような気もするかな。

あたしほんっとこういう子どすとらいくなんです(注:10代美少年限定)
今まで何に対しても興味をもつことがなかった子が主人公に会って変わっていく
・・・・・萌え!!!!
主人公に惹かれているのにその感情がよくわからないし自分でも制御出来ずもてあましちゃって。
でも誰にも相談出来ず戸惑いつつ彼女を嫌うような嫌われるような行動をわざと取ってしまうんだけど
目で!(ここ重要)全身で!彼女が気になってますってダダ漏れてしまうそのかわいさったら
萌えええええええええええええええええええええええええええ!!!!
いやーーーーーーーーんかわうぃいいいいいい!!
ガラハッドとアルの視線のやりとりにキュン死に(死語)しました。こういうのほんと萌える。


キススチルも多いしさ、若さ故の暴走いいねいいね。大人組しっかり!!
しかもどのシチュも禿げあがるほど萌えるよ震えがとまんないよ。
一枚目は死んでも構わないからと囮を買って出るんだけどその時にアルがガラハッドに言った言葉に勝手にキレてキスかますとか(震)ホントはアルの言葉が嬉しかったんだよねきっと。でも今までそんなこと言ってくれる人いなかったし慣れてないし何で嬉しいという感情になるのかわからないし自分の気持ちをかき乱すアルが憎いみたいなっちゃって口で言う言葉と気持ちがチグハグなっちゃったというか、衝動的というか萌ええええええええええええええ。
2枚目も一枚目と同じ感じ。もうここら辺のやり取りに呼吸困難に陥りそうでした。
息が出来ない苦しいもええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
ここで慌てて目をらしちゃうのがもうもうもうもうもうもう男の子でかわいいいいいアンタ丸分かりだからね
自分の感情もてあましてアルに当たっちゃったり、怒りながらキスしたりおまええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!
ガラハッドの告白にキュン死にしました(死語)

デレた後のガラハッドもさぁさぁ素直のど直球になっててどこまで私の好き属性つけてくるのよもう萌えるしかない。
ガラハッドのスチルはどれも選べない秀逸なものばかりなのですが
一番好きなのは海を見てるスチル。後ろ姿だけなんですが手をつないで表情が見えないのが妄想をはかどらせる
あとエンド後がお約束の成長スチルじゃなくてちょっとだけ背が伸びましたスチルでかわいいよね。

物語自体はいつも通り駆け足な終章~エンドに唐突に駆け抜けた感ありましたがガラハッドが頑張っていたのでもういいよ。最初は何事も適当にこなしていたガラハッドが、がむしゃらにしがみついていこうとする姿にまた萌えました。
ガラハッドのルートは終始萌えの宝庫だったので幸せでやっぱり乙女ゲームっていいなぁと実感しました。


・モードレッド

ガラハッドの感想と温度差ありすぎてこれは流石にあかんと思い何度も書き直したんだけど全然良い事書けず。
モードレッドをお好きな場合先に進む場合は本当に十分ご注意下さいませ。










名前からしてもう腹に一物あることがプレイ前から確定な人。
タイムリーに某CMで「裏切ったなモードレッド!!!」みたいなこと言われてたしさ(笑)
シナリオがもうちょっと良かったら絶対ガラハッドとタメ張ってたと思うんです。

モードレッドはシナリオ自体も首傾げる部分もあったんですが一番首傾げたのはモードレッドの行動なんですよね。
チグハグ?一貫性がない?冷酷にもなりきれず任務を放棄するでもなくどっちつかずに見えてしまって。
何でしょうね、彼が凄くブレるのでモードレッドというキャラを掴みきれなかったというか。
共通ルートの時点では軟派キャラを演じつつ裏で暗躍するキャラ=頭の回転が早い賢いキャラなのかと思ったんですが。でもルートやり終わって彼の行動に穴がありすぎて・・・
たぶんアルを連れてくつもりでそれが出来ずでも父親からはせっつかれてその狭間で揺れていた結果、彼の行動に一貫性がなかったのかな・・・ということでいいんでしょうか。そこら辺読み切れなかったよォ!こういう裏切り者キャラって軸ブレずにここぞという時にブレると個人的に萌えるので・・・。単に若い子というだけならストライクゾーンど真ん中で萌えたんだけどそこに裏切り者という肩書きをつけられちゃうと萌えられなくなってしまいました…。
アルに嫌われたくないけど嫌われるようなことをしなきゃいけないのが辛くて自暴自棄っぽくなったのかも?

一番?なのはモードレッドの親父さんが本気でアルを生贄にしようとしてたのがね、そもそも無理っつうか現実的じゃないというか。いや、とーちゃんやその他大勢がマジキチで出来ると思い込んでるのはわかるんだけどモードレッドはそういうキャラじゃないからすごく違和感あって。たぶんわかっていてもおとうちゃんには自分の立場から逆らえない無理でもやるしかなかったということなんだろうけど想像するしかない。こんな計画は無謀とかだけどやるしかないみたいなセリフをアルに言って欲しかったんだなと自分。
アルに思いを打ち明けた翌日すぐに正体現すのもハテナだし。騙してそのまま連れてった方が確実だし何で計画を台無しにするようなことをるすのかモードレッドにメリットないしなぁ。この計画が頓挫すればいいって思った?アルのこと信じてたから?アルを騙してるのが辛かった?アルに嫌われたかった?
あと聖剣を捨てることにこだわったこととか。捨てることで王の資格を放棄させるつもりでそうなれば生贄の意味がなくなるから連れていけない言い訳になると思った?
・・・と色々想像してみるんだけどあくまで想像で断定するほど材料がプリアサ内で蒔かれてないのでう~~~んって唸ってしまうのです。全部を書かれてしまうのは好みはないんですけども、もう少し餌がないと謎があるから妄想して悶えるということにもならず難しいなぁ。やっぱりこういうキャラは難しいんだなぁと思いました。

他にモードレッドの耳は言われなきゃわからんよ!とか政略結婚結局どうなった?という疑問も残るし他にもあるけどネチネチしすぎたのでやめときます。
礼拝堂での涙のスチルとかお祭りの笑顔スチルとか甘いボイスとか最後のアルを庇うところとかマジぐわわわわわっときたエンドでもメロッメロ独占欲うまうま!になっててうおおおおときたし良いところも凄くあったんですよ。
でもモードレッドルート中は終始頭の中にハテナマークが飛んでいて2人の恋愛に集中出来なかったのが本当に残念でした。



・マーリン

どうしようもないダメなおっさんです(笑)でも嫌いじゃないむしろ好き。
自分的に大好きなステータス魔道士さんっていう肩書きがポイント高いというのもあるんだけどw
色々とちょっかいかけておきながら実際本気になられたら逃げてしまうって卑怯な大人の典型ですね。
・・・・・・・・・・・・・でも好きw

おっさんと少女の恋愛で一番好きなタイプなんですよねアルとマーリン。
恋愛に対してずるく立ち回ってきたおっさんが年端もいかない少女のまっすぐさ純粋さに逃げ道ふさがれていくのがいい。まっすぐこられてびびってかわすんだけどそれでもまっすぐ突き進まれるから傷つけてかわして傷つけてかわしてかわしても最後かわしきれなくなる様がいい気味すぎて萌える(笑)
マーリンがああなってしまったのは生い立ちのせいと関わった女性のせいではあるんですが愛することに対して臆病で愛されることに恐怖?を持っていてそれをこじらせた結果今のマーリンが出来上がった感じ???
親から愛されなかったから自己否定が強い上、愛ゆえに生じた強い執着心で酷く傷つけられたから愛というものに対してはトラウマ、恐怖でしかなかったんだろうな。
だから自分が本気になるのも怖いし相手に本気になられるのも怖いから誰に対してもかる~~いノリで誤魔化して
きたのかもしれない。いやでも人をおちょくるのが好きなのは性格だな!(笑)
そんな事情は同情するけどでもやっぱマーリンは卑怯なんですよねー!
年端もいかない少女が大人の男性を嫌でも意識するようなことを散々やってるんだよねー。
ほんとさぁ性的なスチルとイベント多すぎてこっちははうああああああああああああああああ!!ですよ。

このルートはとにかくアルの片想いが切なくて切なくて。
アルの思いを察知するとひたすら牽制して線引かれるんだけどでも諦められないのが恋心だからアルは結構ガンガン行くんだよね(笑)でもその度にかわされて傷付けられてそれでも嫌いになれなくて。
一番アレだったのはやっぱりベッドシーン!(違)
自分に対して好意を持ってる女の子に対して自分以外の誰かと既成事実を作れといって拒否して攻撃したら
押し倒してキスした挙句やっぱりだめだとか言って逃げちゃうマーリンが
清々しいほどのヘタレ卑怯で大好きです!
いやでも口紅イベントも結構酷かった。ぬ ぐ う な!!!!!!!(笑)
(キレイなアルを周りにみせたくないという)嫉妬ですかマーリンさん???(笑)
うん、こんな感じの酷いイベントが結構続くから切なさに身を焦がすにはマーリンルートは本当におすすめです。
マーリンはアルの思いを知りながら牽制しつつでもアルに惹かれてるから完全に嫌われたくないという思いがあって
(自覚してんのか無自覚なのかわかんないけど)でも愛すること愛されることが怖いから逃げちゃって結果
中途半端卑怯ヘタレ男になってるんだよね。
でもこういう男の人だいすきなので終始萌えがスパーク状態でした。

マーリンルートでも最後が非常に唐突で駆け足なのが残念なんですがED後逃げ切れず捕まった男の本気に萌え殺されたのでもうどうでもよくなりました。
あとマーリンが囚われてるスチル、絵的にはおっさんより女の子の方がおいしいとおも(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。