無料なのに その10 ヴェスタリアサーガ 感想 序章から10章まで 

おいおい前回ブログ書いたの去年かよ……と愕然としました。その間に引っ越ししてまた元の場所に戻ってきたりしてばたばたと忙しくちょっと落ち着いたかなと思ったら夏休み始まってあわあわしてたらようやく二学期入って余裕が出てきましたっていう現状です。ツイッターやってるとちょっとした感想は少しつぶやくだけで満足してしまうのが問題だと思うんだ。4~5回ほどつぶやくだけでスッキリしてしまうのおおおおおおお。逆に言うとしばらくガッツリ書きたいって思うものに出会わなかったと言い換えることもできるしここにきたってことはそういうものに出会ってしまったということなのですが、そう!出会ってしまいました。

ここ2か月くらいヴェスタリアサーガというフリーゲームにしばらくどっぷりはまり込んでいました。
↓公式サイト

FEのような昔ながらのSRPGです。
とある事情から帝国と戦うことになってしまったメレダ王国。この戦争は圧倒的にメレダの劣勢な上、王と王子達は戦死してしまった。その為最後の生き残りである王女アトルを兄から託され逃げることになったメレダ属邦レデッサ公国公子のゼイドが主人公。彼が逃げ落ちた先々でメレダに戻る為に様々な戦いに身を投じながら仲間を増やしアトル王女と共にメレダまで戻り帝国の支配から解放するまでがほんとに大まかなあらすじ。

このゲームをプレイするきっかけはFE聖戦の最愛カプであるアサフィー熱が突然再燃して萌えを満たそうとピクシブを巡っていたときにこのゲームを一緒に語っていた方がいて存在を知りました。FEの生みの親でもあり聖戦やティアリングサーガを作られた加賀さんが引退されて同人フリーで出したゲームってだけで一も二もなく飛びついてしまいました。
ドラクエまで残り1か月切っていたというのに。ああああああ…。しかも2部構成だなんて知らなくて6章くらいまで進めて「えーーこれで完結しないの?絶対続き気になりすぎて苦しいやつううううううう辛いいいいいいい」と思いつつ途中でやめるなんて出来ないとこまでずぶずぶにハマってましたので先に進むしかありませんでした。確かにⅠって書いてあったんだけどあんま深く考えなかったの本当にバカでした。
でもこのあいだ外伝の制作発表があって外伝である程度の決着は付けてもらえそう?っぽいので春までいい子に情報を待ってますしずっとずっとずっとずっとずっと応援してますお願いします何年かかっても続編お待ちしてますんでほんっとーによろしくお願いします。それまであたし絶対死ねない。

加賀さん制作のゲームに悉く堕とされてきた私はきっと彼のゲームとの相性がいいんだろうな。とにかく世界観が練りこまれているんですよね。はじめはその世界観を理解するのが大変です。章初めの国家間の関係性などの説明や登場人物達の会話などで世界の情報が一気に説明されるのでそれを整理するのが大変ですし(まず国名と人名覚えるところから)初見はハテナマークが飛び交って理解するの時間かかるんだけど(自分だけ?)理解した後はその作りこまれた世界にどっぷりと嵌ることうけあいです。
人間関係のドラマと戦争がうまく絡み合って理不尽で容赦ない展開が続くのだけどそれがいいと思うのです。救えなかった人・報われない思い・味方に出来ない非常に魅力的な敵、善悪割り切れない思い、理不尽な展開、があることがグッと胸にくるというか。満足出来なかった思いというのはいつまでも心に残るし納得出来なかったり受け入れられなかったりで嫌な思いはするけどいつまでも忘れることは出来ない。そういう作品があってもいいと思う。
もちろんハッピーエンド万歳を否定するものでもないんだけど色んな種類の選択肢があってもいいのでは?っていう。こういう物語のゲームは中々今の時代受けが悪そうで売れなそうだしでマゾゲームなところも批判されることが多いような感じがして。何ていうのか年々選択肢が狭められてる気がしてね、選択肢をくれよォっていう。何か最近のゲームはなっとらん~と文句を言う老害みたいで嫌ーーってかでもその通りではあるんだけど。こういうこと言うようになるとあたし年取ったな……と実感する。
理不尽なのは物語だけじゃなくゲームシステムも当然理不尽なマゾゲーになってます。特に終盤16章から20章にかけての鬼畜さはちょっと頭おかしいと思う(すごい褒めてる)20章はかなりレベル上げてある程度ステータスも吟味しないとクリア難しい気がする。唯一の救いは5ターンごとにセーブできること。何だそんなこと?と思うけどこれほんっとーに助かった。これなかったら絶対絶対クリア無理。
あとゲームのシステム自体で人間関係やキャラの気持ちなどを推測出来るような作りになっていて(支援関係やアイテムの説明など)直接的な言葉はなくても妄想を掻き立てられる感じ、大好きです。会話をしてる際の背景もとても美しくてその時の会話を上手く盛り上げてくれる1つの要素でもあるなと感じました。特に夜の背景の美しさが印象に残ってます。
もうねこれだけのクオリティなのにフリー無料って素晴らしすぎる。申し訳なさ過ぎてサントラ買おうという気になりましたよ。

このゲームだけでは完結してなくてすがすがしいまでにつ づ く !!という終わりでした。でもよく練りこまれた世界観や複雑に絡み合った人間関係と戦争、そこにお馴染みの人外キャラ達が暗躍してるのが垣間見えてこれから先、人の手にあまるようなえげつない展開がきっと待ってるんだろうなって続きである2部に期待してしまいます。



追記から章ごとの感想とキャラ感想全部書こうと思ったのですが長すぎたので一旦区切って、序章から10章まで書いてます。







・序章
詳しい説明無しにとりあえず追われて追い詰められてるところはおなじみの始まりなんだけどこの緊迫感がいいです。本当にチュートリアルという感じで敵はまだそんなに強くない。兄上が兄上がああああ!!あの大軍の前にこれ兄上無理なやつじゃないの……と後ろ髪惹かれながら逃げた。



・1章
お姉さまの嫁ぎ先へ落ち延びた一行。でもやっぱり帝国に追われてる厄介者扱いされるんだけど(そりゃそうだ)義理のお兄さんの機転でとりあえず山賊退治をすることに。最初アトル行かないいでくれ~と回復役がいない不安とともにはじまった1章。でも新たにシスター参加してくれたので助かったんだけどこの時はアリシャがあんなことになるとは思わずとりあえず頑張ってレベル上げてたなぁ…ああ。仲間が増えたけどハルディアはすぐには使えないかんじでちょっとがっかり。



・2章
海賊に連れ去られた子供たちを助けるために海賊がいる島へ。ガーランのメルディ評が地味に酷いw
でもメルディが中々うまく助けられず初リセット。頼むからよけてくれ~。あとから攻略読んでここでメルディ助けないとのちのち捕まって転職して出てくるらしんだけど職業が色々憶測を呼ぶ感じでこういうところ本当に凝ってるなぁという感じ。増援が出てくるのでよい経験値になりました。



・3章
若干マップも広くなりようやくメインの山賊退治の章。私の好きなクラス魔導士が入ってくれるのでひいきして育てる。ヤパ族攻撃して残念な結果になったのではじめからやり直しリセットが辛かった。シスターと剣士にときめいたもののデューンもいるしどっちなんだろと思いつついたらまさかのシスター離脱でいやああああああああああ??もうもうなの?結構レベル上げ頑張ったのにィィ…。しかもシスター物語的重要人物っぽくてもうこれ最後まで出てこなそうな雰囲気だし出てきてもこれ戦闘メンツになれるかわからんでって感じでショック受けました。ショックも大きかった章ですがハルディアの事情やアトルとアリシャの関係など物語的にもワクワクしてきました。そして弓と斧使いと魔導士と盗賊が入ってくれてパーティーの面子も増えてきたのでどうやって育成していけばいいかなと悩んだけどまだ私いける!攻略は見ないぞ!と思ってたこの頃。



・4章
残りの山賊退治&初竜お目見えで経験値の稼ぎ場で封印された竜もいるっぽい?安くてコスパのいい武器もっといっぱい買っとけば良かったかなと後悔、増援が多くてすごい武器を消耗したんだよね。まぁ武器は無くなったけどまんべんなくレベルがみんな上げられて良かった。でもこの経験値稼ぎもすべて5章を乗り切るためだったんだなって5章行ってから気づいた。




・5章
たぶん序盤の山場でいきなりえっらい難易度が跳ね上がった章。船着き場から送った先にいるアーマーがめちゃ強いし跳ね橋もこっちからじゃ上げられないしでも船着き場から送れるの一度に4人と思って何度でも送れるのかと勘違いしてしまってチェザルをあっちこっちへと右往左往(読解能力ない)でも無常にもターンだけ過ぎていくから頑張って辿り着いても議員何人か死ぬしで何度も何度もやり直し。ここから自力クリアは諦めて(早い)潔く(?)攻略サイト様にすこしだけお世話になりました。あのアーマー強すぎない?と思ってたらやっぱり強敵だったらしい。
ストーリー的にも山場で理解しなければいけない情報量も跳ね上がりました。あのおっさん何かするだろうなって思ってたら案の定だった。そしてディアドラ似の幼女が出てきましたがゼイドの姪で新たな巫女さんでした。親バカでばかっぷるな姉夫婦とニーナが何とも言えず良かったのですがまたしても貴重な回復役のニーナさんが離脱してしまわれて求む!回復役!!
あとペガサスナイトイーグルライダーなるどっかで見たことのある生き物に乗った3人の女性達がきてこれ絶対育ててないと最後詰むやつだと思って頑張ってレベル上げましたが隊長はニーナと共に離脱してしまいました経験値返せーーー!!!後から仲間になってくれそうだけどなったころには他の面子に及ばないというかわいそうなポジション。シーゼルの重い事情もわかったりで盛沢山でした。




・6章
帝国に気づかれずメレダに入るために隠れルートが載ってる地図を求めて荷馬車護衛の章、なんですが声を大にして言いたい。
NPCは動くな!!!!!!(その1)
いやわかってるのほんとは勝手に動くのがNPCだって。でもさー護衛なんだから護衛する人のいうこと聞いてくれてもいいじゃない?護衛する人達より前に出てくるってどういうことよ。回復手段もないし頼むよ後ろにいてくれぇ。アトルがまたしてもお休みで回復役がいないことに不安を感じましたがリリアが加入してくれてしかも正式に入ってくれることになって万歳!もう回復役離脱は嫌だ!リリアとお父さんの最後の会話も良かった。リリアに何も言わせずすっとぼけて仕事しようとするお父さんにグッときましたし、また背景の月が美しくて切なくて良かった。ヴェスサガは背景がほんとーに美しくてこういうところもシナリオとあいまって上手いなぁと思います。あとデューンも何か出生の秘密があるっぽくてただの村人と思っててごめん。
お兄さんには色々と巻き込んですみませんという気持ちでしたが結果膿を出せてよかったんだと思うことにしてお金も貰えて万々歳。ほんとにお金貰えたの助かった。資金が無さ過ぎて武器が買えないんだよ(切実)少ない中で本当に必要なものを選びどうやりくりするかというまさかの二次元でも主婦能力を求められるゲーム。そんなわけで値切り上手のスキルの為だけにチェザルを5章でクラスチェンジさせました。でも結果的にこのスキルのおかげでお買い物すごく助かった。




・7章
重要人物が出揃う章。これ初見でアコルトをぬっころさないですんだ人はいるんだろうか(いやいまい)というリセット前提の章だと思う。まさか騙されていたなんて…っていう。初人外の登場ですけど虐げられてきた歴史といいこの辺りは2部が本番なんだろうなと思う。ずっと待ってますので2部よろしくお願いします。
ゲルがかなりなくなってしまって最後の1つしか守れなかったんだけど今後に影響出ないらしいからそのまま進めてしまったのごめんよ。そしてここでも声を大にして言いたい。
NPCは動くな!!!!!!(その2)
シルティンさー弱いんだからさー頼むから動かないでくれぇ。攻撃できる分、荷馬車よりもたち悪いし経験値もったいないしドロップアイテム返せ勝手に攻撃して勝手に死なないで。叔母上の言うこと聞いてくれ。弓兵ばっかりだからエイルとルビナで助けられないし参った。まじで頼む動かないで。




・8章
色んな国名人名がドバーーーっと出てきてちょっと待ってのみ込むまで待ってという感じで情報量ぱないです。スフィア王国についてよくわからない内にソリス王国へ入ったんですが最後にスフィア王国の現状も知れて何だか恐ろしそうでめんどくさそうな戦いになりそうで戦うのヤダ。ていうかロラン伯爵が死亡フラグを立ててる気がしてな…。公式のツイッターによれば後継ぎ候補のお兄ちゃんもいるみたいだし(ケンカしてるみたいだけど?)ロラン伯爵の安否が気になる木。でもとりあえずスフィア王国に関しては保留で後々出てくる感じなのかな?
そんなこんなでスフィア王国でのいざこざも気になるけどソリス王国のいざこざも色々あって人間関係もより複雑になってきました。それと共にねぇそれどんな関係なのどうなの教えて?という私のカプ厨センサーが反応しだして困る。アトルとゼイドの関係も気になるところでアコルトもゼイドに矢印出てるっぽい?感じ(アコルトの一方通行の愛情支援がある)でどうなっちゃうんだろう。そしてシルティンホエルンの政略結婚小さいころからの許嫁(しかもずっと一緒に育った)という私の大好きな設定きました。あとアイネリアどういう立ち位置なのか気になるところ。おじ様とはどういうご関係なの??

そしてそしてこの章でも声を大にして言いたい。
NPCは動くな!!!!!!(その3)
いやね前の章ほどシルティン動かなったしアイネリアが回復してくれるからそれほどこの章のシルティンに殺意はわかなかったけども。むしろシルティンよりもロラン伯爵とジスカールの方が酷くて頼むよ経験値取らないでーーー動かないでーーーーと何度も叫んでやり直した。弱くて動かれるのも困るけど強くて動かれるのも困る(わがまま)
とにかく増援が多いのでやっかいだった。15ターン防衛だと気づかずに魅力的なドロップアイテムをかなり逃してしまったのが心残りだったけどやり直すのめんどくさすぎたのでそのまま進むことにした。あーもったいなかった。




・9章
高飛車わがままツンデレお姫様キタ!!首都に攻める時後攻の憂いを断つため同盟を結んでもらう目的もあって捕らわれのツンデレお姫様を助けにいくんだけどこれホエルンがちょっと気の毒だったなぁ。明らかにシルティンのこと好きそうなのに婚約破棄されて(まぁホエルンの態度のせいもあるけど)別の姫様とシルティンが結婚するのを見させられるわけで辛い。ここで粋がって罠にはまったシルティンを助けにきてくれるしいい嫁だよ。隣接させておくと自動で会話が何回かあってその後にお互いに支援がつくのが細かくて好き。リティアもタリスのこと好きそうだし気付かないおじ様が実力はあってかっこいいけどそういう心の機微に疎いというのがお約束。

この章でもシルティンがシルティンでシルティンだったのだけど。もうさぁシルティンいい加減にして(怒)7章8章ときて9章までもこれかというね(怒)これはのちの爆上げへの振りではあったのだけど実力無いのに突っ走られると戦略的に非常に困りますのでやめてもらいたい本当に(切実)専用武器は強いから困るんだよね~。
あとこの章からかな?アサシンが出てくるの。あいつらほんっとーーーーーーーーーーーにほんっとーーーーーーに心の底から嫌いいいいいいい!!!!姿見えないから迂闊に攻撃範囲に入ってしまって本当によくぬっころされました。特に20章がほんともうね…アサシン滅びろ(震え)遠距離魔法も長距離弓兵もうざくてイーグルライダー組もうかつに先行できないし。シルティンがケマルにもらえる弓じゃないとボスにダメージ与えられないのもすごく考えられててここは彼でとどめを刺すのが物語的にもすごくあってて良かった。とりあえず最後に出てくる増援まできっちり経験値にして逃げることに。最後目的地についたときのセリフが個性が出てて良かった。こういう細かいところまで考えられてるのが本当に感動するところ。

デューンが王子でリティアの異母兄でここで聖弓を貰えるのびっくり。あとから攻略見てちゃんとフラグ立ててたから良かったみたいだけどこれ貰えなかったらかなり後半辛かったと思う。それにしてもデューンの設定も考えられてるなぁと最初モブっぽく思っててごめん!
そして最後ホエルンがホエルンが浮気を!!(違)ここのアトルとホエルンの友情に少しうるっときた。誰もホエルンの辛い気持ちに気付かない中でアトルだけは気付いてくれて手助けしてくれるっていいなぁと優しいBGMとあいまってうるっとくる。これまた背景もキレイでいい。エルヴァと話してた時は草原に浮かぶ月という背景だったのがアトルと話している時は月が消えて少し暗くなり星が煌めく夜空に変わるというのがとアトルが星の巫女というのも考えると意味深で。まぁここは月明りが無くなって夜深くなり暗くなってから出発するというたぶん時間の経過を表してるんだろうけどもこういう細かい演出が好き。




・10章
9章で3人で出かけた時からまさかまさかと思ってたけど3人(実質2人)で戦うことになるなんてーーー!9章最後感動したけどしたけどもそれはそれで無謀すぎやしませんかホエルンさんそしてアトルさんもあなた死んだら大変ですから!まさかのパーティメンバー2人で戦うことになる10章。ホエルンとエルヴァの経験値稼ぎの章ですね。アトルは傷ついたら自動で回復してくれるので助かる。いやこれ回復役いなかったら絶対無理だからね。人間関係と戦闘がカッチリかみ合ってるのも考えられてるなぁと思う。9章で夜中に出発して10章着いたら夜が明けるという演出も細かい。

最初2人かー絶対無理無理と思ってたけどとにかくエルヴァが強い!!特攻解除もついてるしいい感じでステもぐんぐん上がるしでこれは一軍決定だわという強さ。ホエルンと連携して結構難なく敵を屠ってくれました。ホエルンが専用武器を手に入れる過程も良かったです。同盟軍も途中出てきたけど経験値は渡さないぜ!という信念のもと全部2人で倒しました。クラスチェンジアイテムもドロップアイテムであったし絶対これだけは同盟軍に渡したくなかったので頑張って屠りましたが2人だけでも意外と何とかなるもんだなと。こういう調整が絶妙すぎる。

まるまる1章使ってホエルンの見せ場があるのがすごい。女の子達の戦いってのもいいもんだ。9章でホエルンの決意がやけっぱちに見えたけど10章での様子を見てそんなことなく強い子だなぁと思う。おじ様とシルティンの言い方がアレだけど怒られるのはしょうがないよね、っていうかガーラン本当に毎回毎回調整役お疲れ様です。人の心の機微にこんなに敏い軍師が有能すぎてw10章終わった後にエルヴァにホエルンへの愛情支援がつくのだけどホエルンの支援関係はシルティンのみでエルヴァへの支援が友情すら発生してなくてあーーーーこれ片思いの切ないやつーーー!ってなった。会話でそこはかとない好意は察せられるものの好きとか直接的言葉はなくこういうシステムで察せられるの妄想がはかどってこまる(アコルト→ゼイド、アッシュ→リリア、デューン→アリシャとかも)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Author:スイ
隠れオタ主婦がゲーム(主に乙女ゲーム)
や漫画について語ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
GS3 (9)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンクサイト様+検索サイト様
応援バナー
乙女商業ゲーム







一般ゲーム
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
同人ゲーム